弁護士法人グレイス 鹿児島県鹿児島市・東京都港区の弁護士事務所

newsお知らせ・新着情報

弁護士ブログ日々の法律問題

窃盗と横領

2015.06.02

お世話になります。
弁護士の森田です。

本日は、窃盗と横領の違いについてお話します。

ものを盗むという点では、どちらも同じですが、盗んだ人間がその物の管理権限を有している場合、窃盗罪ではなく横領罪が成立します。

たとえば、他人の財布から勝手にお金を盗んだらそれは窃盗罪ですが、預かっていたお金をネコババした場合、それは窃盗罪ではなく横領罪が成立します。

窃盗罪の法定刑は、罰金50万円以下もしくは10年以下の懲役ですが、横領罪の法定刑は、5年以下の懲役になります。
窃盗罪の方が、横領罪より幅が広い刑罰設計がなされているのですね。

なお、仕事に関連して管理権限を与えられている物を盗んだ場合、これは単純な横領罪ではなく業務上横領罪が成立しますので、その法定刑は、10年以下の懲役とさらに重くなります。


※写真はイメージです

窃盗と横領
ページTOPヘ